風下に立つ、今もなお

消すのはもったいないので移行してきました!

ヴィックスヴェポラッブはVaporubです

夜、床に横になると咳が出る。風邪の時はもちろん普段も寝ていていきなり咳き込んで目が覚めることがある。

今朝もいきなり咳き込む。のどがネバネバしてかゆい。我慢できずかなり咳き込んだ。水分を補給したりして喉を潤いしてみたが、ねばつきもかゆみも収まらない。このままでは眠れんじゃないか。

枕元にヴィックスヴェポラッブがおいてあった。そういえば冬から5月の風邪の時まで毎晩お世話になったのであった。夜中に寝ながらヴェポラッブのふたをこそこそあけて足の裏に塗布する。

 本当は足の裏に塗ると胸部に塗るよりも効くよ、というツイートを探していたんだけど見つからなかった。実際、気管支炎になると足裏に塗っても咳は出る。普通の咳(普通の咳って何だろう)の場合は効くと思うよ。

で、どうしてこのリンクを貼ったかというと実はヴェポラッブを塗って目を閉じたら朝まで全く目が覚めなかったということを言いたかった。

私はリフレッシュ系のメントールやユーカリ油をアロマテラピーで使うととてもリラックスして眠れる体質なのはわかっていたのだが、ヴェポラッブはこの香りが強いのでリラックスしてしまうのかなと勝手に考えている。

もちろん個人差あるよね。とりあえず今夜も塗って寝るね。

 

訳あってMicrosoft Edgeを使ってブログを書いたけど、慣れないからか時間かかったわー。

わかちあいプロジェクトに寄付した

ここ4年ほど自分の見た目にこだわりを持つようになり、通販で服をたくさん買うようになった。通販だからそれはそれ失敗も多く買っては売り買っては売りを繰り返す日々であった。

今回、夫がスーツを一着処分すると言った。せっかくなのでノーブランドでリサイクルショップで引き取ってもらいにくい洋服や、サイズが合わない靴を寄付することを思いついた。

www.wakachiai.com

わかちあいプロジェクトには以前何度か送ったことがある。

ただ服を指定の場所に送るというシステムではない。時期は決まっており非常に短期間、そして衣類を送る送らないにかかわらず金銭による寄付も募っている。衣類を送った場合は寄付必須である。送金はもちろんクレジットカードの利用も可能となっている。寄付は輸送費や保管費用などに使われるもので当然必要なものと言える。さらに言うと衣類を送る費用も自己負担である。

今年のわかちあいプロジェクトは終了しているのでご注意いただきたい。受け入れ期間以外に届いたものはご自身に戻されるとサイトに注意書きがある。

www.wakachiai.com

 

私でさえ持て余している衣類、他の方もおそらく私以上にたくさん所有していることと思われる。やむを得ず処分する際に売却して金銭にすることももちろん考えるが、誰かに着てもらうことを考える方も多いのではないかと思う。わかちあいプロジェクトはまさに誰かに着てもらうことができるシステムである。リンク先を読んでいただけば詳細がわかると思うが、送り先が難民キャンプであるため制約も多い。迷彩柄の衣類は軍隊と誤認される恐れがあるため引き取り不可となった。

今年のプロジェクトで集められた衣類は積み込まれて出発した模様。

www.wakachiai.com

私はZOZOTOWNの箱で送ったので思わず写真の中にあるかと探したもんね。見つからなかったけど。Amazonの箱が多いね。私の梱包汚いねー。

f:id:morysatocy:20190608143632j:plain

衣類の送付費用のほかに寄付が必要となると負担が大きく身近な人には勧められない。実は私の住んでいるところでは年に2回、衣類の回収制度があり市役所などの窓口にもっていくと無条件で引き受けてくれるそうである。つい先日が回収日であった。その衣類がどこへ行くのかは私は不勉強でわからない。今度市役所に問い合わせてみようか。そんなことを問い合わせると電話を切ったあとでヒソヒソされてしまうだろうか。

 

近況

職場が兼業OKなので新しく仕事を始めた。まだ何も始まっていないけれども2回も会議に出席して地蔵のように座っている。何をやるのかもよくわかっていない。二兎を追う者は一兎をも得ず、と親に言われて育った私が兼業などやって大丈夫なのだろうか。

春先からずっと頭痛と顎痛と歯痛に代わる代わる襲われ、5月の下旬にはついに風邪と歯痛に見舞われて顔を腫らした。毎年の年度末の忙しさに加えて副業を開始したための体調不良であった。だから二兎を追う者は一兎をも得z…

今も顎はカクカク言っているけれど風邪は治って、歯痛の原因であった歯は抜歯を免れた。ブログに書けることはたくさん起きていたのに別のところで遊んでいたのですべてが終わってからの記録になってしまった。

渦中にいるときにメモのような記録は細々ととるのだが、皆様のお目に留まるようなところに発表できないのはなぜだろうか。あとから読み返すと「これってブログに書けばよかったのでは」と思うことが多々ある。おそらく実際その時に記録すると生々しく主観的に過ぎるか、または淡々とし過ぎて他人が見てもこれまた面白くもなんともないかもしれない。

数日遅れで記録すれば読み物として成立するかもしれないとも思う。いろいろ目白押しだったスケジュールも終わりに近づいたのでやっと記録しに来たけれど順番を間違っているな。

 

勝手にムナクソ悪い

昔の友人ワコ*1と出かけることになりある場所に向かっていたが、途中ではぐれてしまった。ワコに電話やLINEをするも出てくれない。

今度は芝居を観に行くことにした。チケットは買ってあった。

ワコはどんどん先に行ってしまいまたはぐれてしまった。一人で会場のロビーをうろうろしていたが、芝居が始まる時間が近づいてきたので中に入ろうと思いバッグからチケットを取り出そうとしたところチケットが何種類も出てきてどれがどれだかわからずどれでもないような気がして焦った。

通りすがりの係員にどれが今日のチケットなのか見てもらったが、何年も前のチケットがたくさんあるだけで今日のチケットはなかった。

私は最後の手段と思い当日券はないかと聞いたが、係員は今日だけないと済まなそうに言った。

[今日の夢]

 

*1:仲がよくいろいろなところに出かけたりしたが、大人になるにつれ価値観の違いを強く感じるようになり、その時に私に起きた事件の際にそれまでの小さなずれが大きな亀裂となりつき合いを断った

続きを読む

年度末の雑感

何日かぶりにログインした。ハイクの跡地はSNSのあちこちで貼られたスクショで見た。最後に自分の更新日数とかスクショでも撮っておけばよかったなと思ったけどあとの祭である。ハイクブリッジに登録したプロフィールにTwitterアカウントを書いておいたけど消してしまった。しばらくはこちらでうだうだする。

毎年この時期になると饒舌になってブログを更新していることが多かったが、御多分にもれず今年も更新している。あまりに忙しくて頭がおかしくなりそうなので正気を取り戻すためにブログを書くのだと思う。大半は愚痴と感傷なんだがね。

寄る年波に勝てず、今年は本当にばてた。感傷にふける気力も起きないほどであった。異動する方におかれましてはお元気で今後もご活躍いただきたい。私は今の職場にもう少しお世話になって「いらない」と言われたら黙って去るけど、一億総活躍社会とやらでリタイアが許されない時代になってしまったのでなんとか生きのびる方法も考えていかないとね。のんびりしたいね。できない性格だけどね。

終了まであと2日

年度末は今週金曜日、例年この時期は異動と繁忙期で私はへとへとである。

不本意ながら年々体力も衰えており特に今年はあまりに忙しく、業務負担が大きいので時々大声を出したくなるのを堪えている。ミスだけは出さないようにしたい。

今日は花粉症でうまく化粧が乗らない。予定は通院だけなのであとは家でずっとハイクを追いかけていた。ずいぶん前にログはエクスポートしたけれど見返すことなく保存しただけである。いい曲だと思って貼ったYouTubeだけはTwitterに投げておいたが、全部ではない。

ハイクといえばスパムもひどかったがはてなからは何も対応がなかったし、私が隠居してからも改悪が進み、終了を知ったときはこれも時の流れかと諦観していた。以前Posterousというミニブログで家族の記録を作っていたが、Twitterに買収されてサービスが消滅した経験があったため無料サービスの限界を思い知っていた。

あまり人付き合いが得意でないためハイクでも限られた方としか交流がなくオフ会にも参加したことがない。ウェブではよく発言を見る方々も私のことはご存じないが一方的に知り合いのように感じていた。そしていつかどこかでお会いすることができるかもしれないと思っていた。

ほとんどの方ともうお会いすることはない。はてなから去る方も多いようにお見受けする。私は皆様を見送ってがらんとした家に残されるような心境である。

私は2年もハイクにブランクがあって以前交流のあった方々の多くはもうハイクにはいらっしゃらない。皆様お元気でいらっしゃるだろうか。

年度末の疲労とハイク終了の寂寥なのか憂鬱な気持ちになっている。

 

はてなブログに移行してしまった

ご無沙汰です。

2年前からブログを更新しなくなってしまい鍵をかけたままになっているが、消さずに残していた。

このブログには今の仕事についてから考えていることなどを時々書き連ねてきた。はてなダイアリーが終わると知って今後どうするか考えないようにして過ごしてきたが、先日「とりあえずはてなブログに移してくんない?」とはてなからメールが来たのでとりあえず移すだけ移して考えようと重い腰を上げてインポートするに至った。

一方、はてなハイクも連続更新が途切れたら安心してしまい書かなくなってしまったが、なんと3月で終わるんだってさ。ハイクの人たちははてなに守られているせいか個性的でのびのびしているように感じていた。彼ら、彼女らは今後どこでどんな風に生きていくのだろうか。あるハイカーたちから一方的に嫌悪を示されたこともあったが、それはほんの一握りでリアルで知り合いになりたかった、と思うハイカーはたくさんいたと思っている。

私はtumblrでも楽しく過ごしてきたのだが、tumblrも例のエロ排除騒動で私はすっかりやる気を失ったのだ。というか、なぜか私がクローズで記録してきた非エロの写真がエロ認定されて勝手に削除されたことから、なんだか絶望してしまいtumblr愛も冷めてしまい今はこのブログを書いている。

そういえばこのブログはすべて愚痴から始まったのだ。思えばずっと体調不良の時期であった。体調不良の時はメンタルも不調になる。そんな心境がずっと綴られている、と思って読み直すと面白い。

このブログの更新をやめてからいろいろと興味の方向や仕事などが変わってきた。現在個人的な記録はアプリのJourneyを使っていてネット上には発表していない。忌憚なくそしてあけすけに書くにはクローズにするしかないと思っている。このブログをオープンにする時期は未定だが、今後も奥歯にものが挟まったようなものしかネット上には記録しないつもりである。

ハイク亡き後、ブログをメインに使っていくとか定期的に記録するとかオープンにするとか何も決めていない。